So-net無料ブログ作成

ロッキーホラーショーに行くの巻 [お芝居]

13日に古田新太さん主演のロックミュージカル?『ROCKY  HORROR  SHOW』を見てきました。

ロッキーホラーショーのなんも分からんで観に行ってしまって(笑)

なんとなく「すごいんだろ―な」とは思ってたけど。

観たら「やっぱりすごかった(笑)」

今回の舞台には、フランク・N・フルターが3代も出てたのね、すごーい!
日本初版の舞台では藤木 孝さん、その後ROLLYさんが何度も再演を重ね、今回は念願の?古田さん。

私が行った回は終演後にトークショーもあって(この日は歴代フランク役の藤木さん、ROLLYさん、古田さんの豪華なトークショーでした♪)

なんかね。

観てる時も勿論楽しかったのですがね。

後からジワリジワリと楽しいのですよ。なんか曲とかすごーく回るし。
忘れられない(笑)
カッコよすぎて(笑)

出来る事ならもう一回観に行きたいけど。行けるかな~^^;

みたいな~

とりあえず、本家ティム・カリー版もちゃんと見てみたい。

こちらもなまらカッコいい!

ほんとカッコいいのだ!


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

わらいのまち [お芝居]

東京セレソンDXのの『わらいのまち』を観てきました。

ちょっと遅刻しそうになって焦ったけど^^; なんとか開演前に到着してホット一息(笑)

仁さん目当てもあるのですが、東京セレソン気になってたのもあって。

出演に柴田理恵さん、田畑智子さん、片桐仁さん、岡田義徳さん、主催の宅間孝行さん、などなど。

内容は寂れた旅館を舞台に、『笑い』で町興ししようとする方々の物語です。

腹筋を使いそうな(笑い過ぎての意)予感で行ってきました。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

THE SPOT [お芝居]

ポツネン『THE SPOT』横浜公演の25日に行ってきた♪

いやぁ~

まだドキドキしてるわ~

昨日は寝れんかと思った(笑)

神奈川芸術劇場はカッコいい劇場でしたね、初めて行ったけど。

一階のロビーではミニステージではジャズライブやってたぞよ

劇場は、あれは4階になるのかな?エスカレーターであがってく途中にファンシーな部屋があったけど、あれは託児所なのね、きっと。好いね~

そうそう劇場内1階席~3階席(たぶん)まであるけど、そこにもエレベーターあって感心した。

おおっと

ポツネンさんの話を

今回の『THE SPOT』は以前にやった『SPOT』の再演版というか進化版。
内容はだいたい同じなんだけど、見せ方が変わってたり、よりふくらましてあったりで流石でした。

 

続きを読む


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

ロールシャッハ♪ [お芝居]

16日に銀河劇場は行って参りました。

KKP・・・改めというか、小林賢太郎演劇作品と今回はうたってますね。結構やってる感じがしましたが7弾目なんですね。

実は銀河劇場が初めてでして。アートスフィアの時にかろうじて一度行ったことがあったくらいで。
なので行くのをとても楽しみにしておりました♪もちろんKKPもですけど♪♪
やっぱり素敵な劇場でしたね。螺旋階段とか、ロビーの感じとか。

 

 

で、ですわ。

ロールシャッハ。
(軽くネタばれします、ご注意を!!)

2時間半があっという間でした。

一度みただけでも面白いけど、二度、三度とみると色々見えてくるんだろうなぁ~
いろんなとこに複線があって。

なんだかんだでずーーっと笑ってたもの。

また役者さん達がおなじみですし。

みんな大好きだ(ぽっ❤)

パーセントマンの早着替えとか(笑)
それを読んでる賢太郎さんの声も(笑)
ドラム缶ゴロゴロとか(笑)

行けて好かったね、自分♪

さて、次は静岡公演。

このツアーの最終地。

私、弱輩者ながら・・・参戦してまいります。

28日の静岡、千秋楽でまた堪能してまいります♪

いえぃーーい♪


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

CUT [お芝居]

ミスター・・・というか鈴井さんの舞台を観てきました

復活OOPARTSの第一弾「CUT」

22日の東京楽日。

 

OOPARTS=Out Of Piace Artist→「場違いなアーティスト」ということらしい

98年に解散?して、私はそのあとに鈴井さんを知ったので、まさか舞台の鈴井さんを観れるとは思っていなかったので、今回の復活・・・というか新しいOOPARTSを楽しみにしてたのです

会場はzepp東京。

鈴井さんは何をやってくれるんだろうとわくわくで観てきました。

『CUT』のあらすじ・・・
10年前に作られた映画『青い空の果てに』はわずか一週間で上映打ち切りとなった。そのプロデューサーはその映画をリメイクしようとする。その映画撮影現場でスタッフや出演者なのど思惑が重なっていき・・・

 

 

 

 

 

続きを読む


タグ:鈴井
nice!(1)  コメント(3) 
共通テーマ:演劇

近っ! [お芝居]

先日、真心一座の『流れ姉妹たつことかつこ』の第一章の再演を観てきました。

初演の頃は勇気がなくて(笑)行けなかったのです。

以前に第三章を観ることができて、第二章はたしかCSで見たかな。

今回も運よく行けることになり、行って参ったわけでございます♪

初めての会場TOKYO FMホール。

で、客席に着いてちょっと逃げたくなった(笑)

舞台、近っ!

ステージを3方から囲むような客席の作りになってて

私は正面ブロックの最前列。

 

なんていい席なんだぁー!

めっちゃドキドキしたぁ~

 

とりあえず言いたいことは

「粟根さんの髪の一本一本まで見えるくらいの近さでメロメロになった」(笑)

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

SPOT [お芝居]

ポツネンの『SPOT』にいってきました。

初ポツネン参加となりました。

横浜、東京もチケットが取れず、どうしようかと思ったけど思い切ったら静岡のが取れた。

一人でのちょっろと遠征でドキドキ。

当日はあいにくの雨模様でしたが、静岡に近づいていくにつれ空が明るくなってきてね。

雲の切れ間から太陽が覗いたときは「すごく素敵な事が待ってるんだ~」と思った。

 

実際、素敵な事が待ってたんですけどね(笑)

 

今回、初の生ポツネンな訳ですが、最初に驚いたのは

あの大勢いる会場のエネルギーを、小林さんは一人で受けているというか・・・
空気を操っているというか・・・

当たり前かもしれんが、舞台に小林さんが立った時の空気というか存在感が、すごいなぁ~と改めて思った。

えっと

以下、ネタばれあるので隠しときます。

 

 

続きを読む


nice!(1)  コメント(5) 
共通テーマ:演劇

今ごろ・・・パンク侍 [お芝居]

最近はお芝居の事しか書いてない・・・

とりあえず、コレを書いとけば一段落かな?

もう、記憶があやふやですが覚え書き2弾という事で(笑)

2月1日の『パンク侍、斬られて候』のお話。

東京公演の千秋楽でした。

原作は町田康さんの同名小説で何年か前に舞台化したものの再演です。

去年から町田康さんの本が大好きになって
(キッカケは不純?だったりもしますが・・・)

去年くらいに芝居のチラシでこの公演の「再演をやります」的なのをみてからずっと行きたいなと思ってた舞台です。

山内圭哉さんが主演・演出。

この役者さんも大好きなのですが、その他も豪華な出演陣で。

転球劇場の3人(こんなまとめ方ヒドイですね)・・・えっと。
転球劇場の福田転球さん、高木稟さん、福田雄一郎さん。
中山祐一朗さん、小島聖さん、廣川三憲さん、加藤啓さん、腹筋善之助さん、宇梶剛士さん、林克治さん、大谷亮介さん・・・などなど。

大まかに内容を書くと・・・

江戸時代的な感じの時代、一人の牢人が通りがかりの親子の父をずばっと斬ってしまう。
それを見ていた藩士は牢人に「何故罪も無い人を斬ったのか」を尋ねると「腹ふり党の一員だから、この土地に災厄が起こすに違いないから事前に防止した」という。
「腹ふり党員が一人いるなら20人はいるだろう、腹ふり党が蔓延すればこの藩は滅ぶ」という牢人の話をきいて藩士はこりゃ大変と殿に進言し、権力争いも混ざりながら話はどんどん大きくなり・・・

 

時代劇ですが現代劇でもある感じで。
言葉使いとかが現代調だし。
わりとぶっ飛んだ世界観なのです、好い意味で。

舞台を観る前に原作を読んでるっていうのは今回が多分初めてでした。
小説を読んでる時にも舞台っぽいな~とは思ってましたが、それを実際に目で見るとちょっと嬉しい。
結構、原作に忠実に作られててそれも「うふふ」な感じです♪

それにしても主演の山内さんはハマリ役です!
普通、本を読んでると自分なりに人物像が出来上がりますけど、今回のキャストは違和感なかったなぁ~
読んでから時間がたってるのもあるかもですが。

なんか自分が読んでた話が現実になっていくのが(正確には芝居なんだけど)贅沢だな~と思ったり♪

へっぽこな藩士役(失礼)の中山さん、可愛らしかったぁ~
殺し屋?刺客役の転球さん、ちょっと声が嗄れてたのか山内さんに「聞こえんわ~」と突っ込まれたりで(笑)
転球さんと山内さんの斬り合いシーンは感動した(笑)
よくぞ再現してくれたと。笑いすぎて腹痛かった(笑)
変な趣味がある内藤藩主役の林さん、私は初見でした。ちょっとショッキングな?シーンもあって。
あんな格好で真面目な話っていうのが可笑しかった、ぐっじょぶ♪

なにげに転球劇場の3人がそろって登場のシーンはサイコーでしたね♪
何故かバレリーナの格好だし(笑)

気になってたのは茶山の容姿。
本では顔にはへんてこな刺青があって、それを見た人は笑わずにはいられない・・・という設定でね。
私は顔まではよく見えなかったけど、大谷さん好演です♪
この茶山の台詞で「事実現実」っていうのがしばらく頭から離れませんでした(笑)
機会があったらどっかで使います(笑)

聖さんは、やっぱりキレイですね~
とても独特の空気感を持ってて素敵☆
山内さんも聖さんもタッパがあるから絵になります。

にしても宇梶さんはサルでよかったの?
サルが宇梶さんて豪華~♪

 

話の最後の方は割と抽象的というか現実なのか非現実なのか不思議な世界観なのですが、私、本読んだ時に若干わからなかった所で。
ちょっとぼーーっと読んでたんだと思うんだけど。
その辺が舞台観てちょっとわかった・・・ような気がしました。

全体通してすごい楽しかった♪

行けて好かったです!

会場でDVDの先行予約してたけど、申し込んでこなかったのが悔やまれるところ。

ま、どっかで買えるでしょ。

 

 

 

ちなみに、原作者の町田康さん

会場にいらっしゃってた・・・ような気がする。

開演前にロビーですれ違って、あれ?って思って。

したら終わった後、またすれ違って・・・あ、と思ったら

関係者口の方に案内されて、入っていって。

ちょっとテンション上がっちゃいました☆

いやぁ~声かければよかったかな~(←図々しいぞ!)

でも、恐れ多くてそれは無理無理(笑)

 

 

あれから『パンク侍~』の単行本買って読み返したけど(前は図書館で借りた)、ほんと忠実に舞台化してたんだな~と実感。

本を読み返してて1つおもしろいのは、芝居の役者さんたちが頭の中でしゃべってくれること(笑)

なんだか、二度オイシイね♪

 

 

 


nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

今ごろリチャード三世♪ [お芝居]

ちょっと日にちがたちすぎて内容を覚えてるか心配。。。

ま、ちょっとした覚え書き程度に(笑)

1月に観た『リチャード三世』の話でも。
(↑今ごろか~い)

SN3D0057.jpg 

 

主演は古田新太さん、その周りを固めるのはベテラン俳優さんたち。

若松武さん、銀粉蝶さん、大森博史さん、三田和代さん、久保酔吉さん、山本亨さん、榎木孝明さん、天宮良さん、久世星佳さん、安田成美さん・・・などなど
大人のムードたっぷりで素敵です。

シェイクスピアなのでどうかな?(私にわかるかな?の意)という思いもあったんですが、わかりやすくつくってあったみたい。

いつも入り口でもらうチラシの中にリチャード三世はこんな感じの話ですよぉ~みたいな説明チラシも入ってたし、芝居の最初に舞台脇に字幕が流れて登場人物とか時代の説明もでてて
「ほぉー」という感じでした。
なるほど、こういうのもアリなのね。
うーん、親切設計♪

簡単に内容を言うと・・・

古田さん演じるリチャード三世が周りの人を嘘で翻弄しながら欲しいものを手に入れていく。ついには王の座を手に入れるが・・・その先にあったのは破滅で。。。
のような内容(ちがうかも(笑))
とにかく、すっごい悪の話です(←バカな言い方だ)

シェイクスピアって難しいイメージがあるし、台詞も多い。
物事を比喩で例えるのが多いから?
主演の古田さんの台詞量ったらスゴイ!!
おまけに早口だし。
(台詞量が多いから早くしゃべらんと時間に収まらないから?)
芝居冒頭の古田さんの一人しゃべりタイム。

圧倒!!

あのしゃべった台詞が文字になってスクリーンに出るのはおもしろいね~♪

舞台も全体的にダークな感じで素敵。

その反面、衣装はポップで鮮やか
ちょっと昔のロックテイスト?

個人的にはリチャード三世のお兄ちゃんのクラレンス公ジョージ役の若松さん、好かったなぁ~
弟に騙されて投獄されちゃうんだけど、弟を信じてる優しいお兄ちゃんなの。
結局、弟が雇った殺し屋に殺されちゃうんだけど、殺陣も素敵だし、迫力というか・・・やっぱりすごい俳優さんだな~と思いました。

あと、山本さん演じるヘイスティング卿、髪をいじる癖が・・・赤ドクロと一緒で嬉しかった♪
あれって、つかさんを真似たものらしいって今ごろ知ったです(笑)

リチャード三世の王になった時の金ピカ衣装にはビックリしたけど、古田さんはすごかったね~

安田成美さんも細っそくてキレイだった~
そのほかの役者さんが達も皆さん素敵でした☆

 

で、一番の印象に残ったのは・・・

 

 

 

音楽!

音楽がと~~~~っても好かった!!

低音な感じ♪

 

テーマ曲がTHE WHOの「Love Reign O’er Me」がメチャかっこよくて

こりゃCD即買いじゃ~

 

と思ったのに・・・

ネットで調べたら(視聴とか)
「芝居の時と曲調が違うな~ バージョンがあんのかな~」 
てな具合

で、よくよく調べたら、歌ってる方が違うのね~

歌唱:教祖(巨乳まんだら王国)

とパンフにも書いてあった(笑)

 

勝手に歌唱指導と勘違いしてたわ

 

あぁーー!この方の歌ったのが欲しいんですけど。

すっごい欲しいんですけどー

もう舞台は終わっちゃいましたが、今からサントラ出してもいいんじゃないですかぁ~

あぁ、サントラ欲しい

 

DVDは・・・出ますかね?

待ちます(笑)

 

とりあえず、次回の新感線公演『蜻蛉峠』にもこの教祖さんが出るらしいので(もちろん歌うでしょ)そちらも楽しみにしております♪

 

 

ちなみに今、野球が気になってTVとPCの前を行ったり来たりしながら書いてます(笑)

今日も勝つわ、日本!

 

 

 

 


 

 


タグ:演劇
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

流れ姉妹の巻 [お芝居]

今年はほんとに芝居運が良いようで

先日の20日も『真心一座 身も心も 第3章 流れ姉妹たつこ と かつこ~獣たちの夜~』を観る事ができました

チケットを譲っていただけたのでーす♪

20日は、まこりんさんが日替わりゲストで出演する日との事でね

いやぁ~うれしい!

 

初めての真心一座でちょぴっと緊張したのですが、想像以上に楽しかった♪

終わっても、しばらく笑った顔が戻らない感じ(笑)

えらい笑いました

牛のお産のシーンとか、盆回しのトコとか、いろいろ

まこりんさんはおいしかったねぇ~(←出方とか存在感とかいろいろと)

ゲストだと高待遇でいいですね♪

その他も、はじけてる木野花さん、おもしろい坂田さん、かっこいい千葉さん、上手い村岡さん、胡散臭さがナイスな河原さん・・・

ガヤ4人衆も好い♪好い♪

よく一人で何役もこなせるな~

千葉さんは今回初めて拝見したのですが、すごく好感度あーっぷです!

また第3章のゲストの高橋さんと中村さんも好演でしたね~

なんかね

このお芝居の演出とか多分、私好きな感じでした

テンポもよいし、空間の使い方というか流れ方というか、舞台の雰囲気が好かった♪

 

なにげにツボに入ったのが開演前の場内アナウンスとかで

い~い声でアナウンスしてて・・・

ナイロンの廣川さんかな?と思ったんだけど違うかな?

あれ、ちょっとおもしろかったな

 

もう、大満足でしたよぉー♪

ほんと行けてラッキーでした☆

理恵さんには感謝!感謝!

 

 

ちなみに芝居の最後、匂わせて終わったので次が気になる・・・第4章もありますか?

ありますよね~(笑)

 

 

 

 

そうそう、追伸☆

ラーメンズの次回公演…

チケット取れましたぁぁ~~~~!!

何とか1回は行けそうです

[かわいい]生ラーメンズだぁ~

いやぁ~

今年はいい感じぃ~♡


nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:演劇
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。